希少品種「どまんなか」ってどんなお米?味の特徴とおすすめ商品3選をご紹介 | Rice Freak  

希少品種「どまんなか」ってどんなお米?味の特徴とおすすめ商品3選をご紹介

どまんなか 米

「どまんなか」というお米の品種をご存知ですか?生産量こそ少ないものの、はえぬきの食味に劣らないといわれる山形の美味しいお米です。今回は、希少品種「どまんなか」の特徴や、おすすめの商品をご紹介します。

「どまんなか」とは?お米の特徴を解説

どまんなかとは、どんなお米なのでしょうか?特徴を見ていきましょう。

はえぬきと共にデビューした山形県米

どまんなかは、「庄内29号」を父、「中部42号」(のちの「イブキワセ」)を母として、山形県農業試験庄内支場で人工交配された品種です。

現在では山形県のブランド米となっている「はえぬき」と同じタイミングで、1992年にデビューしました。

“山形県が米どころの中心であり続けること、おいしさのどまんなかを突き抜ける味わいの米であること” を表現して「どまんなか」という名前が付けられたと言います。

中山間地向けのお米として、山形県最上地方を中心に作付けされていましたが、デビューした次の年の1993年に大冷害という不運に見舞われます。

冷害に負け、ほとんど収穫ができなかったどまんなかは、寒さに弱い品種として生産者から避けられるようになり、平成16年には県奨励品種から除外されるという結果を迎えました。

はえぬき【令和2年新米】はえぬきの特徴とおすすめランキングTOP10!山形のブランド米はふるさと納税でも人気

大粒ですっきりとした食味の品種

今ではすっかりと希少品種となってしまったどまんなかですが、食味の良さは、20年連続で食味ランク特Aの「はえぬき」を凌ぐほどといわれています。

大きな特徴は、大粒のご飯と、粘りが控えめですっきりとした食感でしょう。

他の食材や丼もののタレに絡みやすいので、おかずと一緒に食べると、より美味しさを感じられます。

冷めても美味しく食べられるため、お弁当にも適しています。山形新幹線開業と同時に開発された「牛肉どまんなか弁当」には、どまんなかのご飯が使用されており、お米の生産量が少なくなった今でも全国的に人気の高い駅弁として多くの人々に親しまれています。

認知症予防に効果も?

どまんなかには、認知症予防効果のある成分「フィチン酸」が多く含まれることが明らかになっています。

山形大学農学部と県水田農業試験場の研究グループが、全国の主なお米の品種について調べた結果、どまんなかのフィチン酸含有量が最も多く4%余りで、コシヒカリの1.3倍に当たることが分かりました。

食味の良いどまんなかが、これを機に注目を浴び再評価されることを期待したいですね。

どまんなかの選び方!2つのポイント

次に、どまんなかを購入する際のポイントをご紹介します。

通販購入がおすすめ

どまんなかの作付け面積は、山形県産米全体の0.5%程度にとどまっています。

珍しい品種となったどまんなかを、スーパーやお米屋さんなどの店頭で見つけるのは難しいでしょう。

そのため、どまんなかを食べてみたい人には通販で購入するのがおすすめです。ごく限られた生産地のお米でも、宅配で届くので楽に希少品種の美味しいお米が食べられます。

1ヶ月で食べきれる量を購入しよう

どんなに美味しいといわれるお米でも、精米した瞬間から食味は落ちていきます。

できるだけ美味しいご飯を食べられるように、精米したお米を購入する場合は、1ヶ月間で食べきれる量を目安にするのがおすすめです。

お米を注文してから精米して送ってくれるショップを選ぶと、精米したての美味しいお米を購入することができますよ。

どまんなかおすすめランキングTOP3!口コミもチェック

それでは、どまんなかのおすすめ商品をご紹介します。

第3位【いいで特産品ショップ】どまんなか お歳暮ギフト 東北関東送料無料 山形県産米銀シャリ 白米

生産地である山形県飯豊町は最上川の源流部に位置する町です。

肥沃な大地で、飯豊山から流れくる白川の水を使って栽培した美味しいお米 どまんなかは、ほど良い粘り気とさっぱりとした食感に特徴がみられます。

食べやすいので、ご飯をたくさん食べたい若い人にもおすすめの商品です。

第2位【山形市場】山形県産 どまんなか

山形県認証特別栽培米のどまんなかです。農薬や化学肥料をできるだけ抑えた栽培によって作られています。

水加減を調整することによって自分の好みの味を楽しむことができますよ。

受注精米なので、精米したての美味しいお米が手に入ります。

また、少量の2kgから大容量30kgと、購入できる容量のバリエーションが多いので、自分に適した容量を選んで購入できるのもうれしいですね。

第1位【山形米の専門店 尾形米穀店】 山形県鶴岡市 和名川ファーム産 特別栽培米 どまんなか 白米

山形県鶴岡市にある和名川ファーム産のどんまなかです。

和名川ファームは、農薬や化学肥料を使わずにお米作りしている生産者さんが集ってできた農業法人で、この商品も農薬や化学肥料を通常の5割減で作られた特別栽培米です。

また和名川は、霊峰・月山や朝日連峰の豊富な雪解け水が田んぼに引水されている地域で、そのまま水道水として使えるほど良質な水を活かしたお米作りが行われています。

大自然の育みによって作られた美味しいどまんなかを、ぜひ試してみてくださいね。

米粒が大きい甘い米です。最近食べた米の中では一番美味しい米でした。炊いてる時から良い香りで新米を炊いてるみたいでした。甘味はコシヒカリに負けません。粘りも程よくなんと言っても艶があります。米粒が綺麗です。家族も美味しいと絶賛。米の貯蔵管理もしっかりしてるんでしょうね。この米の前に購入したはえぬきも美味しかったです。在庫がある限りしばらくはどまんなか一筋になるでしょう。有り難う御座いました。
・引用:ふぅちゃ1218さん/Amazon

丼ものを食べるなら「どまんなか」がいちばん!

冷えても食味が落ちずに美味しく食べられるどまんなかは、お弁当やお寿司にぴったりのご飯です。

それに加え、カレーのご飯や牛丼・親子丼のご飯としても、おかずの味が引き立てられ、なお一層美味しく食べられます。

丼もののご飯はついつい食べすぎてしまいそうですが、大粒で存在感のあるご飯を食べてみたい人は、ぜひどまんなかを試してみてくださいね。