お米「みずほの輝き」おすすめランキングTOP6!粒が大きく粘りの強い味が特徴 | Rice Freak  

お米「みずほの輝き」おすすめランキングTOP6!粒が大きく粘りの強い味が特徴

みずほの輝き

みずほの輝きは、新潟県を産地とする2008年生まれのお米です。あの「コシヒカリ」を超えるかもと期待されている銘柄ですが、まだまだ知名度は低く知らない人も多いでしょう。今回は、みずほの輝きの特徴や通販での選び方を解説します。おすすめ商品もピックアップしましたので、合わせて参考にしてください。

「みずほの輝き」とは?お米の特徴を解説

2008年に生まれた新しいお米

「みずほの輝き」は日本有数の米どころである新潟県を産地とするお米です。2008年に出願・発表された新しい銘柄で、あの有名な「コシヒカリ」を超えるのではないかと期待されています。

有識者のなかでは「粘りの強さ」や「炊き上がりの美しさ」はすでにコシヒカリ以上だとする声もあり、一部のお米愛好家から注目されています。

「まだあまり知られていない、隠れた名品を食べてみたい」という人にピッタリですよ。

粒が大きく食感が優れている

みずほの輝きは「晩成品種」で、コシヒカリをはじめとする多くの銘柄よりも後に収穫されます。

じっくりと栄養を蓄えて育つためか、一般的なお米と比べて粒が大きく、一粒一粒にしっかりとした食感と旨みが感じられますよ。

お米本来の味を十分に堪能したい、という人もしっかり満足できる一品です。

冷めてもおいしく「おにぎり」にもピッタリ

みずほの輝きの特徴である「粘りの強さ」は、冷めたときにも真価を発揮します。

一般的な「冷めたらおいしくない」お米は、炊き上がりから時間が経つにつれて、パサパサ・ボソボソした食感になったり、硬く固まってしまったりします。

これは、米粒内の水分が失われて食感が変化するのが原因です。

一方、みずほの輝きのような粘り気に優れた品種は、冷めてももっちりとした食感が残りおいしく食べられます

「コシヒカリを超える粘りを持つ」とさえ評されるみずほの輝きですから、冷めたときのおいしさは格別です。

お弁当のご飯にしたり、おにぎりにしたり、様々なシチュエーションで活躍する実力派の銘柄ですね。

魚沼 コシヒカリ【令和2年新米】魚沼産コシヒカリおすすめランキングTOP10!味の特徴&選び方のポイントも解説

みずほの輝きの選び方!2つのポイント

早く食べきれるだけの量を買おう

お米の風味を楽しむためには、精米したお米は可能な限り早く食べきることが大切です。

大量のお米を保管していると時間が経つにつれて風味が劣化していき、気がつけば「なんとなくおいしくない」お米を食べている、という状況になりかねません。

品質の劣化は、低湿低温な日陰に保存すれば緩やかになります。

しかし、冷蔵庫のような冷暗所にきちんと保存する場合でも、冬であれば2ヶ月ほど、夏であれば1ヶ月ほどで食べきれる量だけを購入しましょう。

それ以上になると、風味劣化は当然ながら、場合によっては虫が湧いてお米がダメになることもあります。おいしいお米を安心して食べるためには、気をつけたいですね。

できれば新米を味わおう

最近では米蔵内のお米の保存技術も進化していますが、やはり「新米」こそがもっともおいしいとする意見は根強いものです。

単純な風味はもちろんのこと、「新米を食べている」という気持ちは格別ですよね。

できるだけ生産年度にもこだわって探してみましょう。

みずほの輝きおすすめランキングTOP6!口コミもチェック

第6位【内山農産】新潟県産 みずほの輝き

『内山農産』から販売されているみずほの輝きです。

代表の内山義夫さんは「農家の顔が見える、日本一おいしい米作り」を目指している方で、販売ページにも写真が記載されています。生産者の顔が見えるのは、大きな安心ポイントですね。

収穫したお米はもみ殻の状態のまま保存されており、風味の劣化が最小限になるよう工夫されています。また、精米も受注後に行われるため、新鮮なみずほの輝きを味わえますよ。

欠点は、Amazonや楽天のような大手通販サイトに対応していないことです。Yahooショッピングからであれば注文できますので、ぜひ参考にしてください。

美味しくてすぐになくなりまた頼みました!
・引用:coy*****さん/Yahoo!ショッピング

第5位【いなほんぽ】新潟県産みずほの輝き

『いなほんぽ』が販売しているみずほの輝きです。いなほんぽの工場は、「ISO22000」と呼ばれる食品の安全管理に関する規格を取得しており、高い信頼性を誇ります。

また、お米と一緒に「のし」やメッセージカードを付けられるため、ちょっとしたプレゼントにもピッタリですよ。

いろいろな銘柄を試していますが、こちらは粒の食感が際立ちおいしいです 炊き込みご飯が最高です お値段も手頃 四キロだとうちは冷蔵庫に入れる小さめの米びつにちょうどよいです
・引用:購入者さん/楽天市場

第4位【木津みずほ】新潟産 瑞穂米(みずほの輝き) 真空パック 農家直送

粒が大きいと評判な「みずほの輝き」のなかでも、2.0mm以上のお米のみ厳選して販売している商品です。一粒一粒の存在感がしっかりしていて、食べごたえ抜群ですよ。

発送は真空パックで行われるため、鮮度が落ちにくいのも魅力のひとつです。そのほか、生産者の写真も販売サイトに掲載されており、安心できますね。

お米は毎日頂くものゆえに購入して美味しくなかった時は本当にショックです。お米のネット購入歴は長いのですが、こちらのお米の様に真空パックで届いたのは初めて。保管も気にならない上に1粒が大きく、とても美味しく頂いています。
又、一人暮らしの息子にも購入、柔軟な対応の発送をして頂きとても助かりました。
これからも長いお付き合いを宜しくお願い致します。
・引用:おみつ姉さん/楽天市場

第3位【越後米蔵商店】新潟産 みずほの輝き 真空パック チャック付パック

こちらの商品は、みずほの輝きが1kgずつ真空パックに小分けされて届きます。

真空パックにはチャックも付いているため出し入れが簡単で、ひとり暮らしのような一度に少量しか食べない人でも、最後まで新鮮なまま味わえるよう工夫されていますよ。

また、お米の保存は政府により認められた「冷温倉庫」にて行われており、出荷までの品質劣化についても心配ありません。

「1食当たりのお米の消費量が少なく、おいしいお米を探している人」には、この商品がもっともおすすめです。

お中元に送りました。真空包装1Kgは2人暮らしの先方には、良いと喜ばれます。
・引用:さば猫1212さん/楽天市場

第2位【越後米蔵商店】新潟産 みずほの輝き 白米 米蔵推奨米

第3位と同じく『越後米蔵商店』が販売しているみずほの輝きです。上記同様に「冷温倉庫」で保存されているため、新鮮な状態がキープされています。

こちらの商品は、米蔵によって厳選されたお米のみを使用した「極限食味」が特徴の一品です。「極限」とまでアピールしているだけあり、風味は抜群ですよ。

小分けではないため、5kgをある程度素早く食べきれる家庭におすすめします。あるいは、米びつのような保存容器を活用して、鮮度を保つのも良いですね。

このお米が好きな方へ、毎年送っていますが、とても喜ばれます。
また利用させてもらいます。
・引用:購入者さん/楽天市場

第1位【玄米屋たるい】新潟産 減農薬 みずほの輝き 特別栽培認証 1等米 農薬5割減

おすすめランキング第1位は、『玄米屋たるい』販売のみずほの輝きです。

こちらは「減農薬」を強みとしていて、一般的な栽培のおよそ半分程度にまで農薬量を削減しています。

ご飯は毎日食べるものですから、健康に気を使われているのはやはり嬉しいですね。

しっかり減農薬が行われている証として、新潟県の「特別栽培米認証」を受けています。

特別栽培米認証とは、同一地域内のほかのお米と比べて、50%以下の農薬使用回数・量であるお米のみが受けられる認証です。

「その地域内で群を抜いて健康に配慮されたお米」と言い換えても過言ではありませんね。

また、こちらの商品は注文時に精米歩合を選べるのも魅力です。玄米・3分づき・5分づき・7分づき・白米の5種類から好みに合わせて選択できますよ。

どの「みずほの輝き」が良いか決めかねている人は、ぜひこちらの商品をご検討ください。

今までは、こしひかりをずっと食べていたので、どうかな~?と心配だったのですが、とっても甘みが強く、おいしかったです。
米にべたつきが少ないので、チャーハンにも最適でした。
また、機会がありましたら、注文させていただきます。
・引用:myu-myu1971さん/楽天市場

みずほの輝きは冷めてもおいしく食感の優れた銘柄

みずほの輝きは、2008年に生まれた新潟を生産地とするお米です。新しい銘柄であることからまだまだ知名度は低いですが、粒が大きく、しっかりとした粘り気もある実力派の銘柄です。

「知る人ぞ知るおいしいお米を食べてみたい」という人は、ぜひ一度試してみてください。