一升炊き炊飯器おすすめランキングTOP10!素材・加熱方式・便利機能がチェックポイント | Rice Freak  

一升炊き炊飯器おすすめランキングTOP10!素材・加熱方式・便利機能がチェックポイント

炊飯器 一升

一升炊き炊飯器は、大家族の炊飯を楽にしてくれる素敵なアイテムです。10合ものお米を一度に炊けるため、炊飯回数を大幅に減らしてくれます。しかし、色々なメーカーから様々な商品が発売されていて、どれを選べば良いのかわかりにくいですよね。そこで今回は、一升炊き炊飯器の特徴と、通販で購入する際に注目したいポイントを解説します。

「一升炊き炊飯器」とは?炊飯器の特徴を解説

一升(10合)まで炊ける大型炊飯器

一升炊き炊飯器は、その名のとおり「一度に一升(10合)までのご飯を炊ける大型の炊飯器」です。一升ともなると、いったいお茶碗で何杯分なのか見当も付きにくいですよね。

お米に含ませる水分量にもよりますが、通常はお米1合につき「大人用のお茶碗に中盛りで2杯と少し」のご飯が炊き上がります。一升炊き炊飯器であれば、だいたい20~25杯分のお米が炊ける計算です。

育ち盛りの子どもがいたり、大家族であったりする家庭におすすめですよ。

3種類の加熱方式が存在する

炊飯器は、炊き上げ時の加熱方式によって「マイコン」「IH・圧力IH」「ガス」の3種類に分類できます。それぞれ一長一短ありますので、簡単に見ていきましょう。

マイコン

マイコンは、炊飯釜の底部に熱を加え炊飯する方式です。釜全体ではなく底のみが加熱されるため、容量が大きくなると炊き上がりにムラができやすく、一升炊き炊飯器にはあまり向いていません。

ただし、他の加熱方式と比べてかなり安価で、コストパフォーマンスに優れています。

また最近では、マイコンであってもなるべく炊きムラができないよう工夫されており、しっかりと品質の良い商品を選べば十分においしいご飯が炊けますよ。

マイコン炊飯器 おすすめ【2021年最新】マイコン炊飯器おすすめランキングTOP10!IHやガスとの違いとは

IH・圧力IH

IHは、電磁の力により釜全体を加熱する方式です。炊き上がりにムラができにくく、多くの炊飯器で採用されています。マイコンと比べると、多少値段が張るのがデメリットです。

圧力IHは、IHを改良したもので「圧力鍋」のメカニズムを取り入れています。炊飯釜内部の気圧を高めることで、より高い温度でお米を炊き上げる方式です。お米の芯までしっかりと熱が入りますので、ふっくらとした風味豊かなご飯が炊き上がりますよ。

IH炊飯器 おすすめ【2021年最新】IH炊飯器は安いのに美味しいご飯が炊ける!おすすめランキングTOP10&人気メーカーの特徴を解説 圧力IH炊飯器 おすすめ圧力IH炊飯器おすすめ人気ランキング10選!お米のプロが伝授【2021年最新】

ガス

ガスは他の加熱方式と異なり、電気ではなく「ガス」によって加熱する炊飯器です。

電気と比べて火力が高く、短時間で炊き上がります。また、炊き上がりの風味も独特で、「飯ごう」に近い香りや食感を楽しめますよ。

こちらは値段が高価なことと、ガス栓に繋ぐ必要があり手軽ではないことだけが弱点です。

3種類の方式は、どれを選んでも間違いではありません。「できるだけ安価に炊飯器が欲しい」人はマイコンを、「多少高価でもお米のおいしさにこだわりたい」人はIHやガスを、というように、自分が炊飯器に求めるものを重視して選択しましょう。

一升炊き炊飯器の選び方!2つのポイント

内釜の素材で炊き上がりが異なる

お米の炊き上がり方は、炊飯器内釜の素材や厚みによっても大きく左右されます。たとえば、「鉄」の内釜は熱がお米に伝わりやすく、ふっくらと炊き上がります。

「土」であればもっちりとした炊き上がりになり、表面を微粒子でコーティングされた「ダイヤモンド」であれば一粒一粒のおいしさが引き出されるなど、特徴は多種多様です。

正解はなく、好みに合わせて選んで大丈夫ですよ。

また内釜に厚みがあるほど、熱が十分に伝わり風味豊かなお米が炊き上がる傾向にあります。釜の厚みのない商品のなかには、炊飯器のつくり自体が粗悪なものもありますので、購入前には十分にチェックしましょう。

保湿・炊き分けなど+αの機能があると便利

加熱時間や熱の加わり方をカスタマイズして、風味・食感を自分の好きなように設定できる「炊き分け機能」や、スチームを使って保温中のお米がパサパサにならないよう保たれる「保湿機能」など、炊飯器によって様々な便利機能が搭載されています。

炊飯器は毎日使うものですから、使い勝手が良いに越したことはありません。単なる炊き上げ方式や内釜の素材だけでなく、機能性に目を向けてみるのもおすすめですよ。

一升炊き炊飯器おすすめランキングTOP10!口コミもチェック

第10位【タイガー魔法瓶】マイコン炊飯ジャー〈炊きたて〉 JBH-G181

1.7cmの黒遠赤厚釜が使われた、マイコン式の炊飯器です。

スタンダードな商品で特別な機能はついていませんが、価格が安く手を出しやすいのが魅力ですね。

今まで使用していた象印さんのジャーも満足して長い事使わせて頂きましたが(多分20年近く)、しかしその任を終えたのでしょう、使えなく成りました。それで、新しくタイガーさんの製品を買いました。私に合っていたのでしょう、本当に気分よく使わせて頂いています。私には、こっちの方がいい!と想い、大事に使用させて頂き、使うたびに、感謝、感謝です!これから、末永くよろしくお願い致します。ハッピーです!
・引用:Amazon カスタマーさん/Amazon

第9位【CUCKOO】New圧力名人DX 玄米発芽炊飯器 (IH 圧力炊飯器) CRP-CHST1005F

SFの世界に置いてありそうな、近未来をイメージさせるデザインが特徴的です。「発芽酵素玄米」と呼ばれる、玄米のなかでも最高峰に栄養価の高いお米の炊飯に対応しています。

そのほかにもおこげを作る機能や、チャイルドロック機能など面白い特徴がたくさんあるのですが、いかんせん値段がとても高価なのが辛いところです。

「値段は気にせず、品質の良い炊飯器を」という人には、とてもおすすめですよ。

仕事用に購入。毎日手軽に発行酵素玄米を炊けるというのはとてもいいです。なんとも言えない近未来的なデザインはかっこいい!
・引用:Remoさん/Amazon

第8位【パナソニック】可変圧力IHジャー炊飯器 SR-PA188

圧力IH方式による一升炊き炊飯器で、「おどり炊き」機能に対応しています。加圧・減圧を繰り返してお米を炊飯器内で「おどらせる」ことで、芯まで火が通りふっくら・もちもちしたお米が炊き上がりますよ。

蓋についてる加熱板が取り外せるため、メンテナンスが簡単なのも嬉しいポイントです。

銀シャリコースにするととても美味しく炊きあがります。早炊きコースでも、美味しくいただけます。
・引用:みーさん/Amazon

第7位【パナソニック】可変圧力IHジャー炊飯器 SR-PA189

こちらは8位の商品の新モデルで、新たに「玄米」や「麦ご飯」に対応するモードが増えていて、使い勝手は抜群です。

手入れのしやすさなどは前モデルから受け継いでおり、クオリティの高い商品に仕上がっていますよ。

以前使っていたものが壊れて、しばらく土鍋で炊いていましたが、やはり電気炊飯器は便利ですね。ご飯もふっくらで美味しいです。洗うのも蒸気口のパーツが簡単に外せ、手間いらず。買って良かったです。
・引用:cachiさん/Amazon

第6位【象印】圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-BH18

『象印』から発売されている圧力式一升炊き炊飯器です。鉄にプラチナコートを使った内釜を搭載しています。

こちらの炊飯器は、炊飯時にお米から流れ出る「還元糖(甘み成分)」に注目しています。流れ出た還元糖を活用してお米をコーティングすることで、甘みのあるお米を炊き上げられるよう工夫されていますよ。

しゃっきり派の私が、これで炊いてから、もちもちご飯が好きになりました。
いつも、8合以上炊いて、一膳ずつ分けて冷蔵庫に。それでも旨い。炊き上がりもかなり種類があり、飽きが来ないのでは。
・引用:とくさん/Amazon

第5位【リンナイ】ガス炊飯器 直火の匠 RR-100MST2

ガス方式を採用した、11合の炊飯まで対応している商品です。圧倒的な火力で炊き上げられたご飯は、風味・食感いずれも格別で、一度食べればやみつきになること間違いなしですよ。

お米の味に存分にこだわりたくて、プロパンガスのガス栓が用意できるのであれば、ぜひこちらの炊飯器をご検討ください。

ガス最強すぎ、固さ、味、最高レベル
電気は、火力不足なのか?高い商品でも満足行かなくて、今回、購入しました。大満足です。
・引用:Amazon カスタマーさん/Amazon

第4位【アイリスオーヤマ】米屋の旨み 銘柄炊き ジャー炊飯器 10合 RC-MC10-B

31種類の銘柄に合わせて、加熱時間・火力を調整する「銘柄炊き分け機能」が搭載されています。

「コシヒカリ」などの有名どころはもちろんのこと、「森のくまさん」「つや姫」のような実力派のお米にも対応していますよ。

また、マイコン式なため値段が安いのも強みのひとつですね。コストパフォーマンスの優れた炊飯器に仕上がっていて、「1万円ほどで、ある程度品質もしっかりしたものが欲しい」という人におすすめです。

すごく気に入ってます。他レビューで蓋を開けた時のビショビショ感は対して感じません。初日に水がありましたが、なんせ撥水加工抜群だったので、根元で水玉がプルンプルン揺れてた感じです。それは日に日になくなっていき、今では全く感じません。
使いやすくてデザイン良くて、大好きです。
夜は7合を早炊きするのですが、20分かかってるかなくらい、あっという間にふっくらです!
・引用:OMさん/Amazon

第3位【三菱電機】ジャー炊飯器 NJ-VE188-W

『三菱電機』から販売されているIH式一升炊き炊飯器です。

内釜に「備長炭」が使用されており、まるで「かまど」で炊いたようなふっくらとしたご飯が炊きあがります。

特許も取得している「連続沸騰機能」によって、水分が沸騰した状態を保ちお米の旨みを凝縮してくれます。

デザインも、シンプル。^_^ご飯も、美味しい?早い、発送で、バッチリでした。
・引用:Amazon カスタマーさん/Amazon

第2位【象印】IH炊飯ジャー 極め炊き NP-VJ18

こちらの炊飯器は、IH式ながらコストパフォーマンス抜群な一品です。

熱を十分に伝えられる1.7cmの「黒まる厚釜」、やわらかめ・ふつう・かための3種類から選べる「白米炊き分け機能」、30時間もの間おいしく保存できる「うるつや保温」など必要十分な機能を搭載したうえで、低価格を実現しています。

安価かつ性能の良い炊飯器を探している人は、こちらの商品を選べば間違いありませんよ。

分量通りの水量、普通炊きで、かために炊けました。家族にも好評でした。
お釜はあまり重くないのですが、一升炊きだけあって、バケツのように大きく、ビックリしました。
フタが90°に開かないところが、棚の天井に当たらなくて素敵です。ちょっと斜めに開くんだけど、だんだん下がってくるような心配もありません。

長く使いたいな~。
・引用:豆腐とキノコの玉子とじさん/Amazon

第1位【パナソニック】スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX188

『パナソニック』が販売する「スチーム&可変圧力IH式」の炊飯器です。電流と圧力による2つの方式でお米を対流させる「Wおどり炊き」機能を搭載しています。

お米の一粒一粒にまで十分に水分を吸わせてからしっかりと火を通すため、粒が大きくふっくらとした炊き上がりになるのが特徴です。

そのほか、炊飯前のお米の鮮度を把握して適切な炊き上げを行ってくれる「鮮度センシング」機能まで搭載されており、いつでも甘みと食感に優れたご飯が食べられます。

「長く使えるクオリティの高いものを」と考えている人は、ぜひこちらの炊飯器を検討してみてくださいね。

あらゆるメーカーの炊飯器を使用してきましたが、220度スチームは最高です。当方つや姫を食べていますが、全国のほとんどのお米専用コースが有ります。一度この炊飯器を使うと他社の炊飯器では正直言って美味しくは有りません。旧サンヨーの開発陣が頑張っているように感じます。ひと昔前はサンヨーが最高と言われていましたが、食べてびっくり!最高に旨いです。皆さんにもお勧めの炊飯器です。買って後悔しないことを保証致します。価格分の価値が有る炊飯器です。
・引用:たろぽん2010さん/Amazon

希望の炊き上がりに合わせてベストな一升炊き炊飯器を見つけよう

一升炊き炊飯器は、一度にお茶碗20~25杯分ものご飯が炊ける「大家族の救世主」といっても過言ではない便利アイテムです。

加熱方式・内釜の素材と厚み・便利機能に注目して、自分にピッタリな炊飯器を見つけ出しましょう。